歯科で虫歯治療~虫歯の痛みは無視しない~

歯型

進行度に合わせた虫歯治療

歯科

明石市の歯科では、適切な治療によって虫歯の症状を改善させてくれます。明石市の歯科の虫歯治療では、虫歯の進行具合に合わせて治療を行なってくれるので、多くの人に利用されています。軽度の虫歯であれば、歯の表面が虫歯菌によって溶かされているだけであるため、歯の洗浄を行なったあとフッ素の塗布によって再石灰化を促進させ、治療を行なってくれます。中度の虫歯は歯に痛みはないものの、冷たい飲み物を飲んだ時にしみることや、食べ物を食べている最中に時折痛みが生じるなど、特有の自覚症状が現れるようになります。中度の虫歯の場合、歯が溶かされている場所を削ったあとに詰め物を行なうことで対処してくれます。詰め物で削った場所を埋めてしまうので、虫歯の進行を抑制できるのです。歯に常時強い痛みが現れている重度の虫歯となれば、根管治療を行ない歯の神経を取り除く必要があります。重度の虫歯となると神経にまで虫歯菌が入り込んでいる状態となっているので、根管治療によって蝕まれた神経を取り除く必要があるのです。激しい歯の痛みを抑制するだけでなく、詰め物の利用によって抜歯をせずに虫歯治療を行なうことができるのです。

歯科での虫歯治療では、レジンと呼ばれる特殊な樹脂を詰め物として利用します。明石市の歯科が用いるレジンは天然の歯と見た目の遜色がないので、利用することで審美的にも高い効果をもたらしてくれます。今でも治療に使われている銀歯は、耐久性が高いもののどうしても目立つ見た目となるので、利用する患者さんも少ないものです。見た目が自然なレジンであれば、審美的な面で治療に不安を抱える女性でも安心して利用することができるでしょう。明石市の歯科が使用するレジンは人体にも害を与えないものですので、利用することで効果的に治療に役立てることができるのです。